カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事


最新コメント


カテゴリー


方位占い


降水量予報


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンダーワールド 期間限定スペシャルプライスアンダーワールド 期間限定スペシャルプライス
(2006/08/23)
ケイト・ベッキンセールスコット・スピードマン

商品詳細を見る


UNDERWORLD
2003年 アメリカ
DVD視聴

美人なんだかどうなんだか?
の「ケイト・ベッキンセール」主演のアクション映画。

ヴァンパイア(吸血鬼)とライカン(狼男)、2種族の争いは数百年続いていた。
その争いも、ライカンの首領ルシアンが倒されたことにより、ヴァンパイアが優勢になりつつある。そんな中、女吸血鬼セリーヌたちは、今夜もライカン狩りをおこなっていた。
いつもと違い、公衆の面前で反撃してくるライカンたち。
ライカンの1人を追いかけたセリーヌは、大勢のライカンが地下に潜伏してることを感じる。
ヴァンパイアの責任者クレイヴンはセリーヌの話をバカにする。
基本的にこの手の話は好きなので、私は楽しめました。
なにより
どんだけ弾あんねん!!
とツッコンでしまう、連射できるハンドガンがGOODです
それに、弾の当たらんこと当たらんこと(笑)。
そんだけ長く生きてるんやったら、もっと練習しろよ。

ストーリーはシンプルといえばシンプル。
過激な「ロミオとジュリエット」という感じでしょうか?
根底に愛する人を奪った者への復讐というのがあるので、多少色合いは違いますけど。
結局、どっちつかずで次回に続く的要素を残しているのが×

各キャラクターの設定で先が読めるというのも、単純ということなんでしょうね。
性格悪く、野心家で自己中心的なクレイヴン。
見るからに人相の悪いビクター。
どちらもパターン通りの行動をとり、予想通りのラストに向かう
セリーヌ役の「ケイト・ベッキンセール」は「ヴァン・ヘルシング」よりかはかっこいい。
ぴちぴちボンデージスーツは動きやすいんでしょうかねぇ?
走る姿がなんとなく格好悪いです。


当たり前っちゃあ当たり前なんだけど。
ず~っと画面が暗い。
たまには昼間中心に話が進むヴァンパイアものを見てみたいものです(笑)。

まあ、この手のVFXアクション映画が好きな人には○。
おねーちゃんのボンデージスーツ姿を見たい人も○?
感動的な要素は無い


追記:あらためて見てると、もう一人くらい強い女キャラがいて欲しいかな。
ケイト・ベッキンセールを目立たせるためなのかなぁ?
「女が男をぶっ飛ばす」のが面白いのかな?
私としては、対等なレベルの女ボスキャラと戦う方が面白いんだけどね。
しかしまあ、ツッコミどころの多い映画はテレビに突っこんでしまう人間にとっては良い作品です。

70

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://touk001.blog102.fc2.com/tb.php/17-0536bfb7


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。