カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事


最新コメント


カテゴリー


方位占い


降水量予報


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相棒 pre season DVD-BOX相棒 pre season DVD-BOX
(2006/10/06)
水谷豊、寺脇康文 他

商品詳細を見る


土曜ワイド劇場時代の相棒パート2です。
pre1の時にも書きましたが、やはりこれが現在の「相棒」のパート1と考えるべきでしょうね。
官房長、後輩刑事の芹沢をのぞき、
ほとんどメンバーも固まってます。
杉下右京のキャラも、かなりいまに近い。


ストーリー

麻薬の売人を追いかける途中、右京は女性の他殺死体とでくわす。
それは、「現在の切り裂きジャック」と騒がれている連続殺人犯の手によるものだった。
捜査の部外者である特命係の二人だったが、彼らの捜査は確実に犯人に近づいて行く。

放送当時、まあいつものように即犯人はわかったんですけど、それでもじゅうぶん楽しめましたね。

相棒は、
オーソドックスな刑事ドラマの手法と
刑事コロンボ的手法をうまく絡めつつ、
人間味のスパイスを効かせているような感じ。

つまり、杉下右京が目星を定めるまでと定めた後の流れ。
そして犯人を追い込むさいの、情に厚い亀山薫との対立が面白いんですね。

今回の話の場合。
検事補佐官の様子を露骨に怪しく描いているため、
逆に犯人じゃないな。と感じてしまうのがなんとも……。

話を深くしているポイントとしては、
生瀬勝久演じる検事・朝倉が、薫と大学時代の同級というところか。
これがないと、ただの刑事ドラマになってしまうしね。

ただ、リアルタイムでみたときは、もっと長かったような記憶があるのですが、今みると短いですね。
で、物足りなさが残る……。

朝倉が中途半端なんですよ。
あまりにも簡単に右京が確信に迫っていくので、見せ場がない。
本来、知能戦になりそうなキャラなのに、異常性格型の犯罪者のため、
なんかスッキリしない終わり方だし。
芝居がいいだけに、右京VS朝倉をもっとみたかったと思います。

まあ正味90分じゃ限界ありますわなぁ。
サブキャラが活きてくるのも、レギュラー放送が始まってからだしね。


いちばん注目すべき点は、薫が法学部だったってことでしょうか。

コメント

そりは強引な

薫ちゃん、法学部やったんですか?

朝倉に合わせて後付けした感がなきにしもあらず、ですね。

って、観てないんですけど。
その話、生瀬っちの演技が噂になってますね。

そのうち再放送やるかな~?

>モモマニアさん

薫は野球部でスポーツ特待生ですv-389
それならありえると思いつつも、どのレベルの大学なのかが?ですね。

再放送はこの間やったばかりだし、当分ないでしょうね。
レンタルで探した方が早いかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://touk001.blog102.fc2.com/tb.php/170-85e9fbe9


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。