カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事


最新コメント


カテゴリー


方位占い


降水量予報


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウィングガールズ スタンダード・エディションスウィングガールズ スタンダード・エディション
(2005/03/25)
上野樹里

商品詳細を見る


東北の田舎にある高校。季節は夏休みまっただ中。補習を受けていた「鈴木友子(上野樹里)」をはじめとする女子生徒たちは、
野球部の応援に向かった吹奏楽部に弁当を届けることになった。
そしてそのことが、吹奏楽部の集団食中毒という事件を招くことになる。
吹奏楽部で唯一難を逃れた「中村拓雄(平岡祐太)」は、代わりの応援楽団をくむために友子たちにも声をかける。
結局、友子たちは補習をサボる目的で、いやいやながらビックジャズバンドを組むことにしたのだが……。

出だし部分で、映画全体の流れをつかむことができますね。
わかりやすい入り口だと、中に入り込みやすくて、良いです。

実にテンポのいい作品でした。
もちろん、100分ある映画なので余分と思えるところはありますが、
だれそうになると、笑いや音楽を入れていて、上手く仕上げているなぁと感じました。
下手に恋愛のごたごたを入れなかったのが良かったのかな?
『ウォーターボーイズ』よりも、私は数倍楽しめました。

メインとなる生徒5人のキャラがしっかり配置されていて、安心できる。
練習の苦労感や挫折感は、あんまり感じられませんでしたが、
楽器演奏部分は、全部役者さんの演奏の音を使用していると思うと、感心させられてしまいますね。
こういうのは、メイキングとかをみると別の感動を呼ぶのでしょう。
あ、本編だけでも十分感動はできますよ。
笑いの散らし方も抜群。普通ならイノシシは許せませんよ。でもこの映画ならOKです。

残念な点は、時間のハショリが大きすぎて、突然演奏が上達してるように思えてしまうところか。
夏休み→2学期→晩秋から初冬→冬と、自然な季節の流れはよかったんですけどね。
あと、先生役の竹中直人さんが途中で置き去りになったような感じが……。あくまでも生徒中心という、監督の考えだったのかな?まあ、ラストシーンで指揮者がいたら、邪魔なのはたしかですが。

とりあえず観ておいて間違いはない作品。
コメディ嫌い。若い女がはしゃいでるのを見たくない。という人以外にはオススメです。
おそらく、高校時代の文化祭のノリを思い出すのでは?

2005年6月1日

追記:
考えてみたら、朝ドラ主演が2人出てるんですよね。
上野樹里もメインキャラだったし。
出世作品?なんだなぁ。

お話は2回観ても楽しめました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://touk001.blog102.fc2.com/tb.php/189-f6a0c17a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。