カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事


最新コメント


カテゴリー


方位占い


降水量予報


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HERO ~英雄~

英雄 ~HERO~ スペシャルエディション英雄 ~HERO~ スペシャルエディション
(2004/01/23)
ジェット・リー

商品詳細を見る


手に入れてから1年近く放置!
たしかチャン・ツィイーにつられたような気がする。
とりあえず『LOVERS』をみる前に、といった感じです。

まだ秦が中国を統一する前の時代。
後に始皇帝を称することになる「秦王」は、あまたの暗殺者に命を狙われていた。
「無名(ウーミン)」という男も、心の奥底で秦王暗殺の火を燃やす男の一人である。
「無名」は苦難の修行のうえ、「十歩一殺」という、暗殺技を身につけた。
「十歩一殺」とは十歩の距離に近づけば、何人でも一撃で殺すことができる危険な技である。
しかし「秦王」は用心深く、面会者を十歩の距離に近づけさせるには、ある条件をだしていた。
それは、中国大陸ないでも屈指の暗殺者である「長空(チャンコン)」および、
「残剣(ツァンジェン)」、「飛雪(フェイシュエ)」のうちの一人をたおすことであった。
「無名」は、秦王の前に「長空」の槍、「残剣」、「飛雪」の剣を差し出した……。

こんな出だしです。

この映画は画を楽しむ作品ですね。
特に色でしょう。色彩の美はかなりの感動もんです。
ああ、うちのテレビが大型ブラウン管だったらなあ……としみじみ。
(プロジェクターやプラズマよりも画面が綺麗だと思ってる)

特に無名が「残剣」、「飛雪」のくだりを語るシーン。

ちなみにこの作品は、後半まで「無名」の回想と「秦王」の想像、二人の対話で進められます。
そして「無名」は策略上、嘘を語っている。
つまり、「残剣」「飛雪」のくだりは、
「無名」の嘘→「秦王」の想像→「秦王」の過去→「無名」の語る真実。とシーンがあるわけです。
このすべてで、イメージカラー(服装や垂れ幕?)が違う。

シナリオや物語の流れとしては、蛇足としか言いようがありませんが、
トニー・レオンが好きな人にはたまらないかも。

その他にも映像的に、崩れゆく書簡の山、揺れ動くロウソクの炎、
ラストの門扉につき立つ、人型に抜けた矢のシーンなども素晴らしく思いました。

ただ、ワイヤーアクションに関しては、『マトリックス』などよりは、
「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」とか、昔の香港映画に近い感じで、ちょっと微妙。
あとアクションシーンを減らしてほしかったですね。
そうすれば、もう少しストーリーがよくできたように思います。

作品を見終わった後、ジェット・リーよりもトニー・レオンの方が印象に残ったのは私だけでしょうか。
結局、真のHEROは誰だったんでしょうね。
私怨よりも「天下」を優先するのは、歴史的史実からわかっちゃうことだし、「残剣」と「秦王」との関係のほうが結びつきが強固なんだから、「無名」が無駄な行為をしたようにも思える。

物語を見たい人には不向き。画を楽しみたい人にはオススメ。
といったところでしょうか。

チャン・ツィイーは…………『LOVERS』見ようっと。


追記:
う~ん。この頃は俳優で映画選んだりしてたんだなぁ。
いまはそういう見方、あんまりしてないですね。

ともかく、この映画はなかなかカッコイイ。
ワイヤーアクションのハシリだった。のかな?
マトリックスとどっちが先だったんだろ。

コメント

マトリックスが先だす

これもloversも劇場で観ました。
ジェット・リーはワイヤーが苦手なんだとわかりました。笑。
これでトニー・レオンに惚れ直しの女性、結構いたのですよ。
私は、この時点ではトニー・レオンよりジェット・リーのが好きでしたが、
インファナルアフェアⅢでトニー・レオンが好きになりました。
LOVERSは金城武ですね…あぁ
ちなみに、コレ↑アンディ・ラウ狙いで行ったのに劇場を出る頃には心変りしてますた…
で、レンタルのインファナルアフェアでアンディに惚れ直し、しかし、
インファナルアフェアⅢでトニー・レオンに心変り…
うう、すいません、
何の話だか…

>ゆうきさん

華流ですね。
なんかこの人達のかっこよさって、
日本の役者さんではあんまり見かけませんよね。
なんでだろ?

15年前の真田広之なら、どうでしょ。
さらに前、JACの頃の動きのすばらしさと来たら……。

15年前の真田広之でも

やっぱ、香港アクターのがかっこいいです★
緊張感が違います!

>ゆうきさん1

緊張感かぁ。
香港スターといえば、私の中ではずっとジャッキー・チェンだったんですけどねぇ。
ちょっと今の香港俳優とは方向性が違うんだけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://touk001.blog102.fc2.com/tb.php/192-ab8c2f36


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。