カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新の記事


最新コメント


カテゴリー


方位占い


降水量予報


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンダーワールド 2 エボリューション コレターズ・エディション アンダーワールド 2 エボリューション コレターズ・エディション
ケイト・ベッキンセール (2007/02/16)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

アンダーワールド2 エボリューション

UNDERWORLD EVOLUTION
2006年 アメリカ

パート1の感想はこちら

ヴァンパイア属の最長老のひとり「ビクター」を殺した、ヴァンパイア属の処刑人「セリーン(ケイト・ベッキンセール)」。ヴァンパイア属につけねらわれることを避けたい彼女は、残る最長老のひとり「マーカス」に真実を伝えようとしていた。
セリーンは唯一の味方である、ヴァンパイアとライカンとの混血者「マイケル(スコット・スピードマン)」を残し、ひとりでクレイヴンの元へと向かう。
しかし、先にマーカスを目覚めさせたのは裏切り者の「クレイヴン」だった。

密かに動く謎の戦闘員たち。
セリーンに秘められた謎とは。

いまヴァンパイアとライカン誕生の秘密が明らかになる。
パート1のラストで、エライこと強くなってしまったマイケル。
いついかなる時でもその強さを発揮できてしまうと、物語が簡単に終わってしまう。
当然のように「カセ」が用意されてます。
まず、その能力を保つためには「血液」が必要なこと。
マイケルはず~っと人間だったので、血を飲むことに抵抗があるんですね。
普段、ヴァンパイア属の連中は、人工的に作った血液を飲んでるんだけど、手に入らない。
で、メインの障害でもある「マーカス」。
ビクターとは比べものにならないくらい強い(私見)。
さらにもう1匹加わるし……。

でも、なんとなく苦労なしに話が進んでしまってる気がするんですよ
伏線らしき伏線も見あたらない。
謎解きに関しても、セリーンたちが追いかけるというより、答えと勝手に鉢合わせみたいな感じだしね。
残念なのは、セリーンたちとマーカスたちとの間に個人的な遺恨なりがないこと
ここにもう少し、ワンエピソードあると深くなったんだけど。
ちょっともったいないです。


アクションとかアイテム類は相変わらす良い。
自動連射ハンドガンも健在だしね。
ただドーピングでいとも簡単に強くなってしまうと、TVゲームなんかと同じでちょっと興醒めします
せっかく退屈なラブシーンを入れてるんだから、
どうせなら、子供ができて……。
という設定で力を得た方が未来志向でよかったんじゃないかな。
まあ、ありきたりと言えば、ありきたりだけど……。

映像を見てると「瞳」にこだわってるのかなぁ。なんて印象を受けました。単にケイト・ベッキンセールの眼が綺麗だからか?
変身中のマイケルの眼が、異常につぶらでかわいらしいのはギャグだろうか?


結果的に説明シーンが多いので、中盤かなりダレます。
それでも一定の水準は保ってる。
「1」を観て楽しめた人は、是非見ておかないとね。

ちなみに、私のお気に入りは冒頭シーンの「アメリア」でした。

前作を観てれば 73

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://touk001.blog102.fc2.com/tb.php/21-a586add1


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。