カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事


最新コメント


カテゴリー


方位占い


降水量予報


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リング

リングリング
(2005/03/02)
松嶋菜々子中谷美紀

商品詳細を見る


鈴木光司さんの人気ホラー小説の映画化。
基本的にホラーは苦手なのですが、
「ザ・リング」を録画したので、小説を含めて、改めて比べてみてみようかな?という感じで、見直し。


テレビ局の記者・「浅川」(松嶋奈々子)は、都市伝説のひとつを取材していた。
「あるビデオを見た人間は、一週間後に死ぬ」
ありきたりの噂だろう。浅川は半信半疑ながらも、取材を続行し、ある女子高生と予備校生が車中で変死していることを知る。
さらに、親戚の女子高生も、同じ日に不可思議な死に方をしていた。
3人に共通していることは、あるビデオを見ていたこと。
浅川は引きずり込まれるように、そのビデオを見ることになる。

映画を観る前に小説を読んだのですが、ものすごい勢いで読み終えた。
小説では、ホラー+SF+謎解きものの形になっているから、なかなかやめられない。
私個人としては、「らせん」も続けて読んだためにSFミステリーのように受け止めたことを覚えています。
ループ」を読んでしまうと、鈴木光司さんが「ホラー作家」と呼ばれることをかなり嫌っているのがわかりますね。


小説との一番の違いは、浅川が女性になっていること。
そして、いっしょに不可思議な現象を調べてゆく「高山(真田広之)」とは元夫婦という設定。
一般向けエンターテイメントでは、こちらの設定のほうが良いですね
小説では「高山」の行動理由がイマイチ理解しづらい。
「らせん」と「ループ」を読むと、この人物の重要性が理解できるのですが……。

小説「リング」では「男の家族愛」みたいな部分を鈴木さんが書きたかったのかなぁと感じます
したがって、必然的に主人公は男でなければならない。


さて、映画の感想です。

うまく脚色、映像化してるなぁ

完全にひとつのホラー映画として脚色してますね。
当然ながら、映画では映像にて直接視覚に訴えてくるわけです。
顔の歪んだ写真」なんかは、小説とは違いかなりドキリとさせられる。
そしてクライマックスである「貞子のテレビ抜け」。秀逸です。
私は、子供の頃の貞子の方が怖かった。

息子が呪いのビデオを見てしまう。→絶対にこの呪いを解く方法を見つけなければならない
そしてラスト部分、方法を見つけた後の、
自分の家族を救うために他人の命を犠牲にして良いのか?」との問いかけ。
この展開がにくい。
さすがに「赤の他人」ではなく、「実家の両親」にしてる辺りは、いろいろと考慮したんでしょうね。
でも両親を救うためには……。

結果的に、ホラーという形に固めているので、テーマ性などは、原作と比べると薄くなってます。
構成的には、だれる部分も見受けられますが、謎解きもの形式である以上、しかたありませんね。

ちなみに原作で一番怖い部分は、すべてが終わったと思った後に、高山が死んでしまうこと
このどんでん返しが、見事でした。

ほんとうにホラーとしての完成度は高い
よくある「驚かせ映画」とは違い、「人物」の活かせ方が上手い。
ホラー=怖い。ビックリする。
という考えをお持ちの方は、物足りないかな。
とにかく怖がりたいという人は、別の作品を観ることをオススメします。

ミステリー好きのほうが楽しめる映画です

2005年7月1日

追記:
ジャパニーズホラーの火付け役……とはちょっと違うか?
富子なんかの方が前だったのかな?

作家さんが男だと、どうしても主人公は男性になるケースが多い。
で、映像化と同時に男女のバランスをとる。
映画をみるかぎり、朝倉はだんぜん女性の方が良いですね。
親子の愛情を描きやすい、というのもあるし。
基本、ホラーの主人公は女性だろ!(完全主観)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://touk001.blog102.fc2.com/tb.php/221-cb56c23f


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。