カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事


最新コメント


カテゴリー


方位占い


降水量予報


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄泉がえり

黄泉がえり スタンダード・エディション黄泉がえり スタンダード・エディション
(2005/10/28)
草ナギ剛竹内結子

商品詳細を見る


日本映画の「SFヒューマン路線」(変なネーミング)が増えるきっかけとなった作品。
また「草剛」「竹内結子」をはじめ、いろんな若手役者の出世作にもなっている(主観)。

昔、姿を消した少年が、突如現れて……。
物語の導入。事件の起こり。
この辺りは上手く、引き込まれていきます

もちろん、ある程度のスジを知っていましたので、橘葵(竹内結子)が、消えた場面がどういう意味をさすのかはすぐに解りました。でも、全然設定を知らない人も、先は読めなかったのかなぁ?
「橘葵は実は……」というのは、この映画の中で最も秘めておくべきネタですからねぇ

上手い具合にウトウトさせて気がつくと……夜で家の前。
という演出と、対向車を映して伏線をはっているバランス

ライターや監督は、頭悩ましたんじゃないかなぁ

で、結果的にこれが成功してるかは私には判断できません。
少なくとも予備知識のない人が見れば、ちょっと眠ったんだなぁ。ぐらいで素通りするかな?


キャラに関しては、多少の疑問も残ります。
特に川田平太(草剛)。ときおり感情を爆発させたりするわりに、葵が死んだと知っても大して驚いてない。
なんか、もう少しショックを受けてもいいんじゃないか?という気がしました。
その後すぐに、葵と食事して会話してと続けてても、あっさり。
もちろん、先にある別れについて知らないからなのでしょうが、ちょっと残念かなぁ。
ラスト場面が活きてくるといえなくもないけど……。


まあ、この映画は全体的に苦悩が薄い
かなりあっさりと、良い面を中心に描いてますね。
私はこれでよかったと思います。
変にグダグダするよりも、あっさり切ない感じの方が、観てて楽ですから
(さっきと書いてること違うか?)

あと、SF作品でそれなりに重要な「特異現象の説明」ですが、これはイマイチ。
見る人は、この部分にはこだわらない方がいいですね。


こだわりということで言うと、この映画では「よみがえり」という言葉にこだわってましたね。
普通の人なら「生き返った」という所ですが「よみがえった」。


十分満足できる作品でした
特に感動する映画というわけではなかった(個人的感想)のがよかったのかな。
VFXも幻想的に仕上がってました。
でも大ラス「葵」のナレーションは必要ないよ~。

忘れた頃にもう一回観たくなる。そんな映画だと思います

2005年7月25日

追記:
この当時?は、この手の映画が流行りだったんだなぁ。
最近ではさすがに減りましたよね。

見終わった後に、せつなくなるというレベルならいいんですけど、
もの悲しくなる映画は、ちょっときつい。
これはまだ、せつないレベルか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://touk001.blog102.fc2.com/tb.php/225-f815a77b


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。