カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事


最新コメント


カテゴリー


方位占い


降水量予報


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEXT ネクスト

NEXTNEXT
(2008/10/03)
ニコラス・ケイジジュリアン・ムーア

商品詳細を見る


アメリカに核が持ち込まれた。
広大な合衆国の中で、核兵器を見つけるのは不可能なことだ。
しかしFBIは、彼に目をつけた。
クリス・ジョンソン。
彼は2分間だけ未来を見通すことができるのだ。
しかしクリスは、そんなことに巻き込まれたくない。
彼はいつも見る夢の中の女性を待ち続けるだけの人生をおくっているのだから。

ひょんなことから、FBIに追われる身となったクリス。
いつものカフェに行くと、ついに、待ち焦がれた女性リズと出会うのだった。

以下ネタバレあり


全体的に面白かったです。
この手の映画は好きなので。

ただ掘り下げると、ま、いろいろ問題もあるんです。

いちばんの問題は、映像の切り替えでしょうね。
現在進行形の場面と未来進行形の場面との行き来で、変化の無いときがあるんですね。
意図的にやらないとダメなシーンは仕方ないんだけど。
この手の映画を見慣れてないと、
シーンチェンジで「またか」と思ってしまうんじゃないかな?

それに、コレを使うとなんでもありになるしね
夢オチや記憶喪失と同じ……。

って、なんか確信のネタバレしてるなぁ。いちおう伏せよう。

そしてもうひとつは、ストーリーの主軸が絞りきれてないこと。かな。
基本的には2本。
核兵器の爆発阻止(一応主軸)
クリスとリズも関係成就(クリスの目的)
なんですよね。
で、ヤマ場にむかって、2つ方向が交わって1つになる。
わけですが、

なんとなく途中からFBIの行動が破綻してる気がするんです。
あまりにもクリスに引っ張られてる。
カリー捜査官は、かなり「できる」設定のはず、
なら、核兵器の爆発阻止を最優先に行動させるべきで、なんかちぐはぐな動きでした。

時間は正味90分なんだけど、作り手が疲れたんじゃないかな?
観客を引っかけたつもりなんだろうけど、もっとも面白みにかけるオチ。
これには残念としか言いようがないです。
あと10分か15分は使って、前半を整理すれば、もう少しスッキリできる終わりにできたんじゃないでしょうか。
あと、やっぱり特殊能力にさらなる例外をもたせてしまったのが、製作者を楽にさせちゃったのかなぁ?
自分のことは2分だけだが、リズのことだけは遠くの未来まで見える。
というのは、しょうじき都合良すぎるでしょう。

ちょっともったいないって、感じの映画かなぁ。

アイデアとか映像表現とかは結構面白い。
時間もの?とか超能力ものを好きな人は、見る価値ありです。
なつかしのピーター・フォーク。
これから出演作増えそうなジェシカ・ビールも観られるしね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://touk001.blog102.fc2.com/tb.php/235-7a200607


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。