カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事


最新コメント


カテゴリー


方位占い


降水量予報


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーガットン

フォーガットンフォーガットン
(2008/09/24)
ゲイリー・シニーズドミニク・ウェスト

商品詳細を見る



幼い息子・サムを航空機事故で亡くしたテリー(ジュリアン・ムーア)は、彼のことをひとときも忘れたことがなかった。
力なく日々を過ごしていたテリーだが、精神科医や夫の手助けもありなんとか普通の生活に戻ろうとしていた。
そんなある日、夫のジム(アンソニー・エドワーズ)は息子なんかいないと言い出したのだ。また精神科医も同様だった。
二人は、テリーが記憶の中で息子を作り出したと言い張る。
しかし、テリー自身はサムのことを完全に覚えているのだ。
テリーは、サムの存在を証明するために、同じ事故で娘を亡くしたアッシュの元へと向かうのだが……。

う~。内容にふれるとネタバレが多すぎて、あまり書けないよ~。

なかなか面白い手法の映画だなぁ。
普通に見てる限り「サスペンス映画」。
全体的な描き方も、サスペンスドラマの構成、進行と同じです。
ただ30分を超えた辺りから「?!
肩すかしをくらいますね。
似た感じの映画もありますが、私は見ていないので新鮮な感覚でした。


全体的にスピード感があるし、ハラハラ感もそれなりにある。
とくに1回目の「ド~~~~ン!!」にはビックリしました。

ただやたらと「ジュリアン・ムーア」の走るシーンが多いかなぁ。
そこで少しダレましたね。

もうちょっと、いちゃもんつけるとすると、
ラストですかね。
テーマは「母性愛」とか「母と子のつながり」みたいな物が大きいと思うんだけど、なんか「ヤツ」のやり方とか、セリフのせいで深みが無くなった気がします。
ただ「父性」と「母性」の対比みたいなものは上手くでてた。

父親は、子供のことでは母親に勝てないのか……?


それにしても夫のジムはどうなったんだろう……。
新しくはじめるための、ある意味サービスなのかなぁ。


まあ、評価のパックリ割れる作品なのは確かです。
私は好きですね。時間がお手頃だし。
TVドラマで見かける役者さんがチラホラでてるし。

2007年04月10日

追記:
ジュリアン・ムーアを見ていると、だれかに似てるなぁって、いつも思うんだけど、
ぜんぜん思い出せない。
思い出せないまま、放っておいて、たまたま観た映画でまた似てるなぁ。

昔はアメリカ映画やドラマを見てると、人の区別が全然つかなかった。
最近はそれが少なくなっただけでも、慣れたのかなlと思います。

で、この作品は、
あまり付け足すこともないですね。
いま観ても同じような感想です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://touk001.blog102.fc2.com/tb.php/236-975f8ab3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。